2020年6月9日火曜日

絹谷浩二版画展ぬましんギャラリー第389回



沼津信金70周年で絹谷孝二版画展
 30日までストリートギャラリー
 第389回ぬましんストリートギャラリーは、沼津信用金庫創立70周年記念事業として、「絹谷孝二版画展-情熱の色彩で描く生命力ー」を30日まで開催している。
 絹谷(きぬたに)氏は1943年生まれ。東京藝術大学卒業。イタリア留学でアフレスコ画を学び、帰国後、歴代最年少で画家の登竜門である「安井賞」を受賞。多彩な技法を駆使したエネルギーに満ちあふれた独自の画風を特徴としている。
 長野冬季オリンピックの公式ポスターの原画制作や渋谷駅に設置されたレリーフなど数多くのパブリックアートを手掛け、色彩豊かで荘厳な富士山の絵は絶大な人気を誇り「富士山の画家」とも言われている。
 これまでに第19回日本芸術大賞、第30回毎日芸術賞、第57回日本芸術院賞ほか多数の受賞歴がある。文化功労章受章、日本芸術院会員、独立美術協会会員、東京藝術大学名誉教授。
 今回展では、アフレスコ画1点と、長野オリンピック公式ポスター「銀嶺の女神」を含む15点の版画作品が出展されているが、そのうちの7点に富士山が描かれている。
 鑑賞していた女性は、絵を見ることが好きで、買い物などで外出した折には同ギャラリーに寄るのを楽しみにしており、毎月欠かさずに見ているという。今回の展示で特に印象に残ったのは、絹谷氏と元巨人軍の長嶋茂雄氏との合作による富士山の絵。「長鳴さんが元気な時に描いたんだな」と、感慨深げに話した。
 夜間はライトアップされて、午後10時まで鑑賞できる。
【沼朝令和2年6月10日(水)号】

2020年5月12日火曜日

ぬましんSG第388回「山内和則洋画展」


山内和則
KazunoriYamauchi洋画展
移ろいゆく時を描く
2020年5.3(日)~5.29(金)
 吹き渡る風が青葉の香りを運び、美しく咲き誇る花々が季節の移り変わりを告げる季節となりました。
 今回ご紹介する洋画家、山内和則画伯は、その心象を描いた風景画で知られる画家です。鮮やかな色彩と陰影によって描かれたパリの街並は、何気ない一瞬の時を切り取ったかの様ですが、麗しく咲く花々や水路の瑞々しい描写は、見るものに香りや音を想起させ、臨場感のある記憶を呼び起こします。
「時間の移ろい」を意識した画題に注力してきたという画伯の作品は、どれもが画伯が実際に見て感じた感動が伝わってくるかのようです。これらの景色が私たちにとっても、どこか懐かしく感じるのは、画伯の潜在的な日本的美意識がそこに投影されているからかもしれません。
 ゆく春を惜しみつつ、来たる夏への期待感に胸を膨らませながら、この一瞬の時の移ろいを感じてください。御来廊お待ち申し上げます。

2020年4月11日土曜日

「シドニー・ノーラン作『ネッド・ケリー・シリーズ』特別展示」ぬましんSG



 豪州巨匠作品を特別展示
 ぬましんストリートギャラリー
 大手町のぬましんストリートギャラリーで28日まで、伊東市の池田20世紀美術館所蔵作品展「シドニー・ノーラン作『ネッド・ケリー・シリーズ』特別展示」が開催されている。
 当初は斉藤将氏の企画展が予定されていたが、新型コロナウイルス感染症の影響で運搬に支障が出たため、急きょ同展に差し替えた。同美術館の協力によって、オーストラリアの巨匠の作品が披露されることとなった。
 シドニー・ノーラン(1917ー92)はオーストラリァ・メルボルン生まれの画家、版画家。ゴッホ、スーラ、ピカソなどの影響を受けて近代美術への関心を深め、46ー47年に制作した「ネッド・ケリー物語」連作は、パリのユネスコ本部に展示されて以来、国際的な評価を得た。
 本展示では、ネッド・ケリー物語から版画16点を展示。 盗賊であり犯罪者であるにもかかわらず、不当な差別社会で権力に抗ったことで、ネッド・ケリー(1855~80)はオーストラリアの英雄として讃えられている。
 鉄製の黒いヘルメットをかぶり甲冑を身に付けたネッドの姿は、画面の中で圧倒的な存在感を放つ。展示に添えられた、ネッドの生涯についての文章を読みながら、連作に物語を読み取ることができる。展示は、夜間はライトアップされて午後10時まで見られる。
【沼朝令和2年4月10日(金)号】

2020年3月7日土曜日

ストリートギャラリー パブロ・ピカソ展  沼津信金70周年記念の企画展




ストリートギャラリー パブロ・ピカソ展
 沼津信金70周年記念の企画展

 大手町のぬましんストリートギャラリーで29日まで、「パブロ・ピカソ展」が開催されている。沼津信用金庫創設70周年を記念した企画展で、池田20世紀美術館の協力を得て実現した。
 展示されているのはピカソ(1881~1973)の50年代以降の展覧会告知ポスターをはじめ、様々な表現方法による版画やオリジナルポスター合わせて16点。
 62年にモスクワで開かれた「軍縮と平和のための世界会議」のために描かれたポスターは、折り重なる武器の上に、平和の象徴であるハトが描かれ、画面からは平和への思いを込めた力が伝わってくる。
 午後10時までライトアップされ鑑賞できる。
 池田20世紀美術館は、伊東市一碧湖近くにある現代美術専門の美術館で、開館45周年を迎える。今回提供したピカソのほか、ルノワール、ボナール、マティス、レジェ、シャガール、ウォーホル、ミロ、ダリ、デ・クーニングなど20世紀を代表する巨匠の作品を多数所蔵している。
【沼朝令和2年3月7日(土)号】


ピカソの展覧会 告知ポスター並ぶ
ぬましんストリートギャラリー
 沼津市の沼津信用金庫本店にある「ぬましんストリートギャラリー」で2日、ピカソの展覧会の告知ポスターなどを展示する「パブロ・ピカソ展」(同信金主催)が始まった。29日まで。
 ピカソが1950~70年代に開いた展覧会の告知ポスターを中心に、伊東市の池田20世紀美術館が所蔵している16点を借り受けて展示している。6日には、モスクワで1962年に開催された「軍縮と平和のための世界会議」に合わせて作製したポスターも追加展示する。
 同信金の創立70周年と同美術館の開館45周年を記念して企画した。担当者は「通りに面したガラス張りのギャラリーなので、街角にポスターが掲示されていた作製当時を再現したかのよう。多くの人にそうした雰囲気も感じてほしい」と話した。
【静新令和2年3月3日(火)朝刊】