2019年11月12日火曜日

沼信ストリートギャラリー第382回「吉崎道冶・吉崎えり親子二人展」



沼津信用金庫ストリートギャラリー第382回
2019年11月2日~11月29日
・・・・ 吉崎道治・吉崎えり 親子二人展 ~想い描いた景色~ ・・・・・
 頂上は一つですが娘は工芸・私は油絵でしたので、さしたる喧嘩もせずやってまいりました。
この度、二人の作品を並べてくださるとの事、一寸照れくさくもありますが久しぶりに「親子展」をさせていただきます。どうぞ御高覧下されば幸いです。・・・・・

2019年9月7日土曜日

沼信ストリートギャラリー 第16回明治史料館館蔵資料展 「大きな浮世絵展」



ストリートギャラリーで「第16回明治史料館館蔵資料展」
明治史料館資料展示に学芸員実習生が実務を担当
 大手町の沼津信用金庫本店外側に併設されている、ぬましんストリートギャラリーで、企画展「第16回明治史料館館蔵資料展」が27日まで開催されている。
 副題に「大きな浮世絵展」と銘打ち、東海道五十三次を描いた浮世絵に登場する沼津宿と原宿を紹介する。今回は歌川広重の作品を拡大複製した物6点が並んだ。
 明治史料館による展示は毎年9月の恒例となっており、学芸員資格取得を目指す博物館実習生が展示の実務を担当している。展示品の選択や、説明文の作成などまで実習生が行っている。
 今年の実習生は飯塚瑠里さん(日本大芸術学部4年)と前島清乃さん(駒沢大文学部3年)の2人。
 飯塚さんは文芸を専攻。文章を書くのは慣れているが、展示品の説明文を書くのが難しかったと振り返る。普段とは異なる文体に揃えるのが大変だったという。
 前島さんは歴史学を専攻し、テーマは人物を中心とした幕末史。博物館での仕事については大学の授業で学んできたが、実務とのギャップや、博物館に求められる役割の変化などを知って驚いたという。
【沼朝令和1年9月4日(水)号】

2019年8月13日火曜日

第379回沼信ストリートギャラリー「池上念己・西巻一彦2人展」



西巻一彦×池上念己 ~生命の記憶を紡ぐ~2人展 
2019年8・1(木)~8・30(金) 
『西巻一彦・池上念已二人展開催に当たり』 
昭和の最後の頃茅ヶ崎に1軒の画廊が誕生いたしました。
地方文化を意識したギャラリーMOVEの誕生です。
 児童絵画教室を主宰する中で感じ始めた「環境のこと」環境が人を創ると!の思いをどのように形にすることが出来るのでしょうか。
 挑戦の始まりです。企画展を開催すると同時に、目指したのは建築とのコラボレーション「パブリックアート」の存在です。
 個展の開催及び環境アートの設置等を通していつも身近に寄り添い励まして下さった池上念己、西巻一彦の存在は大きな力となりエネルギーの充電を頂いてまいりました。
 横浜でζMOVE主催の畦地梅太郎木版画展会場に立ち寄ってくださいました 溝渕俊次氏の存在が 沼津信用金庫ストリートギャラリーとの今日に繋がってまいりました
 西巻一彦の素朴な石彫の作品とシャープな作風の池上念己の作品が沼津の海風と共に皆様に、優しく奏でる空間がこの場にできていたら嬉しいことです。
 アトリエ・ムーブ池上清子
・・・・ ぬましんストリートギャラリー・・・・・・

2019年8月1日木曜日

西郷南州・幕末三舟・大久保一翁書展(ぬましんストリートギャラリー第378回)






幕末三舟らの書を揃え
 ストリートギャラリーで
 「西郷南洲、幕末三舟そして大久保一翁書展~書を通じて英雄の無心のはたらきを観るー」が29日まで、大手町のぬましんストリートギャラリーで開かれている。
 「幕末三舟」と呼ばれる、勝海舟、高橋泥舟、山岡鉄舟、さらに西郷南洲(隆盛)と大久保一翁の5人の書を一堂に集めたもので、書風の違いから、それぞれの人間性が伝わってくる。
 明治維新から150年がたち、元号も令和に替わったが、新しい日本の礎を築いた「英雄」とも呼ばれる人達の作品からは、時を超えて、その心が伝わってくる。
 夜10時までライトアップされて見ることができる。
 一方、28日には沼津信用金庫本店で「書禪道」実践講座が開催される。
 内容は、坐禅、書禪道、作品解説(無字棒、円相、文字)1部は午前10時から1110分、2部は午後2時から310分で、どちらも同じ内容。
 参加無料で、誰でも自由に参加できる。万が一、墨で汚れてもよい服装で。
 問い合わせは同店(電話9625200)
【沼朝令和1年7月6日(土)号】


7月28日記念写真

山王さん祭典 上本通の神輿 昭和の時代か?


2019年7月1日月曜日

2019年 県内路線価 沼津大手町前年から横ばいだった


2019年 県内路線価
1日公表された201911日時点の県内路線価は、標準宅地の評価基準額の対前年変動率がマイナス0.6%11年連続で下落した。下落幅は0.1㌽縮小。県内13税務署のうち6署で最高路線価が上昇し、5署は横ばいだった。需要が集まる都市部で堅調に推移し、周辺部でも徐々に下げ止まり感が強まっている。各地の取引状況を探った。(価格は1平方㍍当たり)


沼津市西部で取引増加
 最高路線価はJR沼津駅南口前の大手町1丁目(市道3654号線通り)275千円で前年から横ばいだった。10月に開業する大型商業施設「ららぽーと沼津」周辺や市西部は利便性向上への期待から引き合いが強い。
 同施設周辺は工業用地、宅地いずれも需要がある。片浜は9万円台、原は6万~8万円台、愛鷹は6万円台の売買実例がある。
 JR沼津駅周辺は土地取引が少ない状況。岡宮はスーパー進出など好材料も手伝って13万~14万円台。JR駅に近い大岡で10万~11万円台。南部の海に近い香貫は6万円台で下げ止まっている。
【静新令和1年7月1日夕刊】